高齢者宅のゴミ屋敷片付け。江戸川区の地域包括が介入

2020/02/21

お片付けdata

地域:東京都江戸川区の2DKマンション 有機系ゴミ屋敷+倉庫系ゴミ屋敷
依頼者と依頼方法:ケアマネージャー。電話でお問合せ。
施工内容と料金:必要な物をピックアップし明らかなゴミと不要な物を廃棄。
家具などの配置変更。
水回りと床のクリーニング
施工金額:365,000円(税別)

作業担当者のコメント

今回のお片付けは在宅で介護を行えるようにというお片付けでした。
まず、部屋全体を見渡すと明らかなゴミもありますが、どちらかと言えば全体的に物が多く動線なども完全に塞がっていました。
また衛生状態も良いとは言えず、これでは介護以前の問題でした。
とにかくしっかり動線を確保し、家の中全体を安全で衛生的な状態にする必要がありました。

高齢者宅のお片付けでは、しばしば捨てる、捨てないで揉めることが多いのですが、今後の介護や生活のため必要なことということを理解してもらいながら作業を進めました。

今回のゴミ屋敷片付けの担当を行いました


<東京都江戸川区地域包括支援センターからのご紹介のお客様でした>
お部屋を綺麗にしていただいて、本当にありがとうございました。

同居の母親の具合が悪くなり、それ以来私がつきっきりで介護をしてきました。介護サービスに依頼するのが嫌で、私が頑張って介護してきたのですが、それが良くなかったのかもしれません。

母は認知症の症状も出てきて、夜眠れないようになりました。気がつくと、おむつの中にある便を手で掴んで、周りを汚していることもしょっちゅうありました。仕方がないことだとわかっていても、どうしても辛くなってしまい、 丁寧な介護が出来なくなってしまいました。

介護のストレスから家事全てできなくなり、食べるものは全てスーパーやコンビニのお惣菜ばかり。ゴミ捨てや掃除も全くできないようになりました。

母親が使った紙おむつもトイレの中に放置して、そのままにしてありました。

そんな時に、近隣にある地域包括支援センターの方が訪問され、介護や自宅の状況を把握されました。このままではダメだと思ったのでしょう、福祉の方の勧めでまごのてさんに掃除をしてもらうことになりました。

福祉の方には、母の介護サービスを勧められ、今では元気にデイサービスに通っています。
私は綺麗になった家で、しっかりと家事ができるようになり、今でもパートに出ることもできるようになりました。

仕事とはいえ、こんなに荒れ果てた家の掃除はイヤだろうと思ったのですが、嫌な顔ひとつせず、丁寧に打ち合わせや料金の説明をして頂き、安心してお任せすることができました。

掃除が終わってからもまごのてさんから電話を頂いて、部屋の状況などを気にしてくださいました。感謝で涙が出ました。


一念発起してゴミ部屋を片付けた女性【目黒区】

女性のお客様の職業No1。看護師さんのお部屋片付け【三郷市】

精神疾患からゴミ屋敷化。でも周囲の理解で解決【浦安市】

ADHDの片付けられない息子さんの部屋の片付け【横浜市】


高齢者宅のゴミ屋敷片付けはシンプルに考えると良い

私たちゴミ屋敷片付けの専門業者でも高齢者宅のお片付けは難易度が高いです。
まず基本的に捨てたがりません、どんなガラクタでも取っておきたがります、50年前の衣類だろうが壊れたテレビだろうが絶対捨てません。

これには個々に理由がありますが、この章ではそこは省略します。

高齢者宅のゴミ屋敷化するメカニズムはだいたいが下記の通りです。

1.古いものを捨てないのでどんどん溜まる(倉庫系ゴミ屋敷)
2.高齢化によるゴミが捨てられなかったり掃除ができない(有機系ゴミ屋敷)

(1)はいわば聖域ですが(2)は普段の生活に不随することですからあまり拒絶反応はありません。

まごのてでも20件前後/月の実家や高齢者宅のお片付け相談がありますが、(2)の部分さえやればなんとかなるんでは?という場合でも(1)まで着手しようとしてしまい失敗します。

部屋が余ってたり、置けるスペースがあるなら捨てなくていい、というのが私たちの基本的な考え方です。