• トップ
  • 新着情報
  • 横浜市の戸建ての一室をゴミ屋敷にしたADHDの片付けられない息子

横浜市の戸建ての一室をゴミ屋敷にしたADHDの片付けられない息子

2020/02/21

お片付けdata

地域:神奈川県横浜市の戸建ての一室 有機系ゴミ屋敷+ションペット(尿入りボトル)
依頼者と依頼方法:行政関係者からの紹介。
施工内容と料金:ゴミの片付けと全体の清掃、除菌と消臭。

作業担当者のコメント
今日は戸建ての一室のお片付けでした。
他の部屋はキレイなのにお片付け対象の部屋だけが異空間でした。
ADHDの息子さんの部屋で、若干引きこもり気味ということでしたが、作業時は本人もいたので積極的に作業に参加してもらいました。
作業内容としてはそんなに難易度が高いももではありませんでしたが、ADHDの方の場合物量が正確に測れなかったり空間認識が乏しいことが多いので、最後の仕上げには気をつかいました。

横浜のゴミ屋敷を担当しました


この度はまごのて様に息子の部屋を掃除していただき、誠にありがとうございました。息子共々大変喜んでおります。

私の息子は ADHD( 注意欠如多動性障害)と言われる発達障害であると診断されています。どうしても一つの事に集中できず、特に部屋の片付けは本人がしようと思っても全然できず、片付けようとすればするほど散らかってしまう状態でした。

子供の頃は息子のだらしなさだ、と病気のことについて理解してやることができず、厳しく当たっていました。本人も同じようなミスを繰り返しますし「なぜできないんだろう」と悩んでいました。

大学生になって、部屋に引きこもってしまうようになりました。最初は無理やり部屋から引きずり出していましたが、本人が暴れるようにもなり、部屋から出すことができなくなってしまいました。

このような状況を友人に相談すると「発達障害じゃないか」と言われました。行政に相談し、 支援センターを通じて診断してもらい、ADHDだと判明しました。

息子のためには、部屋をきれいにすることからだと考えました。私たちが息子の事を理解し、息子自身が立ち上がることができるようになるためには、まずそこからだと考えたのです。

久しぶりに息子の部屋に入ると、足の踏み場がないどころか、寝床以外はゴミの山だったのです。行政で教えてもらったまごのてさんに連絡すると、すぐに打ち合わせのために駆けつけてくれました。

本人とも話をしてもらい、本人も納得して掃除をしてもらうことができました。そこまでしてくれるなんて本当に感謝でしかありません。

今では少しずつですが大学にもいけるようになりました。 本当にありがとうございました。


一念発起してゴミ部屋を片付けた女性【目黒区】

女性のお客様の職業No1。看護師さんのお部屋片付け【三郷市】

精神疾患からゴミ屋敷化。でも周囲の理解で解決【浦安市】

高齢者宅のゴミ屋敷片付け。地域包括が介入【江戸川区】