汚部屋脱出の成功法則|実践テクニック

2018/02/01

東京都杉並区ゴミ部屋を自分で片付ける実践テクニックを大公開

杉並区桃井の1Kマンションに住むKさん(女性、推定30代)はゴミ屋敷化した部屋を片付けようと考えまごのてにお問合せをいただきました。

ヒアリングと写真の様子から希望する作業一式で20万~25万は掛かると伝えると深いため息をつきそれだけのお金は到底払えないと言うことでした、分割払でやろうにも半金どころか5万円も捻出できないという状況でした。

お金がない!ゴミ部屋片付けは高額になることが多いですから払えないという方も多いです、ですがこれは私たちでどうすることもできません。

お金がないなら方法は1つだけ、自分で部屋を片付ける!

この方の場合もその方法をオススメしやり方を全部教えました、進捗状況も随時LINEで報告させなんと1ヶ月でゴミは無くなりました、費やした時間は通算で40時間ほど掛かりましたが差し迫った何かがあったわけではなかったのでその分気楽にできたようです。

ただ仕上げの水回りと床のクリーニングについては技術的なこともありまごのてにご依頼となりました。


【ゴミ屋敷化した部屋を自分で片付ける心構え】

汚部屋状態から自分で片付けて脱出するのは一番良い方法です、ただし時間がない、どう考えても素人じゃ無理な場合などはそんな悠長なことはできないかもしれません。


実践に取り掛かる前にまずは心構えを強固なものにしましょう ゴミ部屋に立ち向かう心構え


<用意するもの>
ゴミ袋(45ℓサイズ)キレイなダンボール、時計、必要に応じて手袋など(軍手は滑るから薄いゴム手袋がいい)マスク

<どこからやるか?>
玄関や洗面所など小さなエリアでいろんな物がある場所

<実践方法>
まず行わなければいけないことは減量です、必要な物はどんどんダンボールに投げ込む

この時のポイントは本当に必要な物だけを取り置くことです
悪魔の言葉 いつか使う、買ったとき高かった、人に貰った 

物を管理能力以上もしくはキャパ以上に持つ人はここで躓くんです、過去にもこの言葉にとらわれて進まなかった経験あるでしょう?

選別が進む魔法の言葉
 無くなって困る?困らない?

この言葉を常に問いかけながら進めましょう、1つの物に対して掛ける時間は最初は1分です、そして選別に費やす時間も最初は20~30分でいいです、片付けの習慣がない人が30分集中するって大変なエネルギーのはずですから

1品目1分30分でおそらく20品の選別ができると思います、これを毎日繰り返すとやがてはキレイな部屋に戻りますし選別する習慣が身につきます

プロも実はこの方法です、それが広範囲に長時間できるということです

<片付けポイントまとめ>

小さなエリアで選別は1分、そのときに使う言葉は「困る?困らない」時間は30分以内


杉並区のゴミ屋敷片付け

杉並区のゴミ屋敷、ゴミ部屋、お部屋片付けは下記エリアで迅速対応します


桃井, 天沼,南荻窪, 成田東,松庵, 清水, 久我山, 和泉, 荻窪, 宮前, 高井戸西, 善福寺, 上荻, 西荻北, 本天沼, 方南, 下高井戸, 西荻南 ,梅里 ,今川, 和田, 成田西 ,浜田山, 高井戸東 ,松ノ木 ,堀ノ内 ,阿佐谷南 ,下井草, 井草, 阿佐谷北 ,上高井戸, 高円寺北, 永福, 高円寺南 ,上井草 ,大宮

港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区
 


 【台東区のゴミ屋敷片付け】階下に水漏れ!大至急片付けのご依頼ゴ٩( 'ω' )و //

【埼玉県川口市でゴミ屋敷片付け】長期間悩んだのはなんだったのか?

【横浜市中区でゴミ屋敷片付け】収集癖!?ゴミ山に登る高齢者

【豊島区のゴミ屋敷、ゴミ部屋片付け】手持ちのお金がなかったけれど

【横浜市金沢区でションペットありのゴミ部屋片付け】ションペットとは何か?

【東京港区のゴミ屋敷】女性スタッフで溢れかえったバッグや衣類を選別(*^ー^)

【渋谷区】女性スタッフで対応するゴミ屋敷専門の掃除屋(*^ー^)

【浦安市でゴミ屋敷,汚部屋掃除】Σ(・ω・ノ)ノ!他社より高かったのに

【使われないモノたち】

これはまごのてが保有する人気ブログからの抜粋です。

昨日はクリスマス、家族でプレゼント交換したところも多いんではと思います、私のところも84歳の母が主人や子どもたちに配ってましたよ、もちろん子どもたちからおばあちゃんへもあるんですがある一言で主人と顔を見合わせてしまいました「前に貰った手袋も取ってあるのよねー」
 

ある依頼者の引越前片付けでのこと、いわゆるゴミ部屋なんだけど4畳ほどの1部屋だけがダンボールの山でどうやら10年前の引越のときに開梱せずそのままだったよう。
 

今回は新居が1部屋減るということからそのダンボールもほとんどを処分するという方針で作業開始、明らかなゴミはサクサク進むんだけどこのダンボールエリアに差し掛かると進まない、この方いわく貰ったモノだから捨てれない、です。
 

確かにダンボールの中以外でも取り置いてるのは包装紙がついたままのモノが多い、この方に限らずお中元お歳暮の類いを山にしてる方はよく居ます、ワタクシこれが不思議でどうして使わないのか?

前にも書いたと思うのですがモノの役割は使ってこそのもの、大事に大事に使い倒してもうダメというとこまで使うのが本来の在り方であって後生大事にしまわれたんじゃ贈ったほうも報われないと思うのです。
 

よく高齢者宅のお片付けや遺品整理現場でもこの全く使われてない古いモノはよく出てきます、それを見て「モノ持ちがいい」と表現する人がいますけどこんなのモノ持ちがいいなんて言いません、まあ使えば汚れる消耗する、だから使わない(使えない)という気持ちはわからなくもないがやっぱり贈ってくれた人のことを思うと使うべきなんです。
 

昨日や一昨日におねだりして迎え入れた新しいモノたち、どんどん使い倒しましょう!そうすればまた来年更に良いモノが来るはずだからね。


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり