• トップ
  • 新着情報
  • ゴミ屋敷片付け業者を見積に呼ぶ前にやるべき3つのこと【超重要】

ゴミ屋敷片付け業者を見積に呼ぶ前にやるべき3つのこと【超重要】

2018/05/28

業者選びをするときは相見積もりは本当に正しいのか?


最近あちこちでゴミ屋敷片付け業者を選ぶ手段は相見積もり、という記事を見かけるようになりました。
果たしてその考え方は正しいのでしょうか?それとも何か間違いがあるのでしょうか?

先に答えを書いてしまいますが

ゴミ屋敷化した部屋を片付ける業者を選ぶときの相見積もりはやるにこしたことはないがそこに至るためのステップを省くとまったく無意味


ゴミ屋敷片付け業者を探すために相見積もりを複数呼んでる方の90%はただの時間の浪費をしてるだけです、それは正しいステップを踏んでないからです、間違った記事に踊らされた結果失敗しないためにもどうかこの記事を最後までお読みくださり役立ててください。
 

ゴミ屋敷片付け業者を見積に呼ぶ前にやるべき3つのこと


1.どんな部屋にしたいのかはっきりビジョンを描くこと


完成形はどうしたいのか?住み続ける?引越す?そこが明確でないとどんな作業が必要かわかりません、作業内容がわからないのに業者選びはできません


2.どんな片付け業者があるのか調べること

最終的な部屋の形と希望する作業内容が決まったらどんな業者があるのか調べなければいけません、ゴミ屋敷片付けと掲げていてもその内容は千差万別でとてもひとくくりにできるものじゃないのです。
だから相見積もりで見極めるんじゃないの?と思うかもしれませんがここでちゃんと各社の特質を把握することは後々の時間の節約になります、希望の完成形が作れない希望に沿った作業ができないとこをチョイスしても仕方ないですから。



3.絞り込んだ業者に電話かメールで問い合わせる

2で絞り込んだ(といってもまだサイトからの印象だけですが)からと言ってさあ相見積もりだ!としてはいけません、いいですか?まだ悪徳業者の可能性があるうちに住所や名前を教えたりましてや部屋の中に入れるようなことはしてはいけません。
(一番大事なことですが常に悪徳業者の可能性を視野にいれなければいけません、悪徳とまでいかなくても実態の有無がはっきりしないなどこちらの情報(住所や名前)を早い段階で教えるべきではありません、ましてや見積といえども部屋に招き入れるということをしっかり認識すべきです)
まずは電話かメールで問い合わせをしてみましょう、話し方などがチェックできる電話がベストかもしれません。

聞く内容は現在の部屋の状況と最終的な目的(完成形)を伝えるだけでOK、ほんとのプロは話だけで何をすべきかがわかります、ここで何も答えられないもしくは見なきゃわからないと言う業者は外したほうが無難です。

逆を言えば我々業者側にとってもお客様の本気度が見えるほうが構え方が違ってきます、ですから<まごのて>ではとりあえず来て、というレベルのお見積りはお断りするもしくは有料という措置を取っているのです。


ここまでやってはじめて相見積もりをとなるんです。
この一番大事な工程をすっ飛ばして複数から相見積もりとなるから本来の目的を見失った行動になってしまうのです。


車を買おうと考えた場合どうしますか?
まずどんな車なのかから入ります、セダンなのかミニバンなのか仕事用のバンなのか?セダンならクラウン、マークX、レクサス、ベンツとある程度揃える基準があるはずです。

その中に軽や商用のハイエースを入れて比較検討は絶対しません。

なのに部屋の片付け業者を選ぶときには軽もバンも外車も下手すりゃ自転車まで同列に並べて比較検討しようとしてるのです、これでは時間も無駄だしトラブルや間違いが起こる元です。

ゴミ屋敷片付け業者

ゴミ屋敷片付けはこんな業者がやる

良し悪しの判定は別にしてゴミ屋敷片付けをメニューに掲げるのはこんな業者

◇不用品回収業者

粗大ゴミだけ、袋ゴミだけなどある程度まとまってるものを回収するなら不用品回収業者が一番リーズナブルで早いと思います。ただし選別や部屋をきれいにするという意識はありませんので回収のみと割り切る必要があります

◇便利屋


判断が難しいところですが、イメージとしては間口は広いが専門性はないと考えるほうが無難です。どちらかと言えばお客様主導で時間制でお手伝いしてもうらうといった利用の仕方になります。

◇遺品整理業者

内容的にはよく似ていますしゴミ屋敷状態の中で遺品整理を行うことも多いですので、専門業者と同列と考えていいと思います。

◇特殊清掃業者

特殊清掃というのは孤独死など死後日数が経過した状態の清掃を行うことです。付帯業務として遺品整理やゴミの片付けも行っていますし、水回りクリーニングなどの技術もありますのでゴミ屋敷片付け専門業者と同列に考えていいと思います。

◇ハウスクリーニング業者

いわゆるダスキンやお掃除本舗のような在宅クリーニングをメインに業務を行っていますが、ゴミ屋敷や汚部屋系にはほとんど対応していません。フランチャイズ展開してるので加盟店によってはやる場合もあるようですが現実的には対応できないと思ったほうがいいでしょう。

◇ゴミ屋敷片付け専門業者

専門業者と謳ってる限りあらゆる事例に精通しています。必要なモノを探し出したり要不要の選別もキチンと行うことができます。水回りクリーニングや収納整理など生活環境の改善にまで踏み込んで行うのが特徴的です ※専門と謳っていても実態はただの不用品回収ということも多いです、見極めポイントは「回収」という文字が多用されていないかです、お分かりだと思いますがお客様が求めてることは部屋をキレイに、暮らせるように、ですよね


どうですか?かなり多岐にわたり特性も様々です。
ですが自分の希望する完成形や作業方法や内容に照らして考えてみると意外にも容易に絞ることができますね。

どうか良い片付け業者に出会えますように

関連記事

不用品回収業者の良し悪し見極めポイント大公開
引越前片付けの重要性と不用品の処分方法
【恥ずかしくて部屋を見せるのがイヤな方必見】ゴミ屋敷片付け業者の選び方




動画でもわかりやすく解説しています



 


 


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・宮城県・新潟県・山梨県・静岡県・長野県・石川県・大阪府・京都府に出張実績あり