消防点検・来客|汚部屋すぎて、このままじゃ入れれない

2018/02/01

消防点検や急な来客は汚部屋住人の敵

自分以外の誰かを部屋に入れなければいけないとなった時、その部屋がゴミ屋敷化していたらどうでしょうか?
開き直って入れてしまう人は稀だと思います、断っても不自然じゃない来客なら都合が悪いとか、なんとか言い訳が出来ると思いますが、消防やガスなど設備の点検はそうはいきませんね。

特に消防点検は法定点検と言って、国が定める検査ですから「私の部屋はけっこうです」というわけにはいかないのです。

消防点検の場合の点検箇所は火災報知機や避難経路です、行うのは消防署が直接という場合もあるし、管理会社の場合もあります。

点検に入った部屋が汚部屋状態なら、点検の人はどう思うか?
床が見えていてモノが多い程度ならスルーでしょう、ですが明らかに床を覆っている、高さも出てるとなればスルーされることはありません、おそらく報告されます。

「あの部屋ゴミを溜めてますよ」なんて報告じゃありません、「火災リスクのある部屋」として報告されてしまいます、当然ながら避難経路も確保されてないでしょうから間違いなく指導対象となってしまいます。

もし点検の通知があったら期日までに部屋を片付けたほうがいいのは確かです。


さいたま市桜区でゴミ屋敷片付け

ゴミ屋敷とはどうして起こるのでしょうか?

<まごのて>の業務には特殊清掃という孤独死や自殺のあった部屋の清掃業務がありますがこれは自分の意志で部屋を汚染させたものではありません。

ゴミ屋敷片付けも世間では特殊清掃の一環と言われてますが作られた過程はまったく違います、少なくともゴミ屋敷はその当人の積み重ねた行動の結果として形成されています。

であれば本来は自分で片付けるべきものです、小さな頃に教えられた「後始末」の基本です。

ですが現実問題それを行うにはかなりの時間とテクニックを要します、倉庫系ごみ屋敷なら可能かも知れませんが有機系となればほぼ不可能ではないでしょうか?

話が逸れましたがなぜゴミ屋敷化するのか?なぜ男性より女性のほうが悪化しやすいのか?諸説ありますが実際のところは何もわかっていません。

確実に言えるのは昨今いろんなサイトで言われてる多忙で片付けられない、という仮説ですがこれだけは絶対に違います、仕事で忙しく多忙な人はそもそも散らかりません、隙間時間の使い方が上手いですから。

まごのてでは2年前からどうしてゴミ屋敷化するのか?をご依頼いただいたお客様の協力の元研究していますが巷で言われてる要素は一因ではあるがすべてではないという感触を得ています、近い将来正式発表ができるようになると思います。

どうしてごみ屋敷になるのか

川崎市高津区でゴミ部屋片付けで大量に出たモノ

高津区武蔵溝ノ口駅に近い2DKのマンションのお片付けでのことです、2DKのうち一室を完全にあるもので埋め尽くしてました、もちろんそれ以外のゴミもあったんですがそのあるモノとは・・・

ゴミ屋敷に大量に溜め込む物

財宝という水の10リットル箱です、実はこの水ゴミ屋敷系のお宅には何故か多いのです、高齢者宅では70%ぐらいの確率で遭遇します。マルチかなんかでしょうか?

この水の面白いのは「3万年前の水」といううたい文句なんですが賞味期限が3年程度という何とも言えないシュール感。

今回のご依頼は娘さんの依頼でこの水の持ち主はお母さんです、賞味期限の残ってるモノは置いといてねって言うけど飲んでる形跡はまったくなし、だってサーバー使ってる形跡ありませんもん(ダンボールの下に埋まってました)


娘さんと打合せをして期限関係なしに全部撤去そしてすぐに定期購読を止めるということにしました、10Kgの水400ケース!とにかく重たいです、搬出の若い者がヘトヘトになってました。

このお婆さんまだ飲めるから良かったら飲んでと言われたけどそんな勇気ありませんでした、この処理もけっこう大変でした、液体のままじゃ処分場に入らないので中身を抜くのですがいったん箱から出しカッターでボトルを切るを繰り返しました。

このように何かを定期購読しどんどん溜めるパターンは高齢者に多いです、単純なとこだと新聞あとは健康食品が多いです、頼まれると断れないんでしょうねえ。

0344055420

【取り置き貧乏】

これはまごのてが保有する人気ブログからの転載です。

今年なんとなく年末モード突入が早い気がします、この時期は純粋なゴミ部屋もそれなりに多いのですがいわゆる倉庫系のご依頼が多いのです。 

この倉庫系は単純なゴミ部屋よりも難易度が高い、思い切って処分してスッキリしたいと言いつつもモノを目の前にするとやっぱり迷いが出てしまうんです、これを上手く誘導するのが私たちの役目なんですがこれが結構大変。


何も考えずに全部捨てるなら誰でもできるけどそんな中でもきちんと取り置いてあげながら選別しないとお片付けしたことを後悔することになる。

とは言うものの本人が言うがままに取り置くとこれまた大変なことになる、実際あれもこれもと取り置くけど客観的に見ても絶対使わない(使えない)モノが多い、あと寄付するとかバザーに出すという方も多いけどこれ寄付されたほうが困るでしょってのもありますww

そもそも本当に寄付したりバザーに出す気はあるのか?多分ない、それらに出す作業ってかなり手間がかかるはず、キレイにして梱包して・・・絶対やれるはずないそr・・・・自粛

押入やクローゼットに入る分だけは取り置いてOKとすることが多いですがこれよく考えたら新たに増えるモノが外にはみ出るから結局先では同じことになっちゃうんです。

モノを多く所有するということは目に見えないお金を流出させることにもなります、以前にも書きましたが例えば都内で50㎡10万の家賃なら1㎡あたり2000円、部屋の1/5を使わないモノのために使えば10000円/月の損と言えるのです。

高齢者に多いパターンでいただきものを大切にしまい込み結局使わず処分する、これをモノ持ちがいいと表現する人がいますけど、こんなの物持ちがいいのではない、モノは使い切ってこそです。

最近また断捨離というコトバを使う依頼者が増えてきた、知ってると思うけど断:入ってくるいらない物を断つ 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる 離:物への執着から離れる 元々ヨガの修行を応用したものです、私の持論は必要なモノはまた与えられる、です。


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり