孤独死のあった部屋では何を優先?【消毒・家財整理】

2018/03/01

【マンションで孤独死】まずやるべきこと

埼玉県の不動産会社からの相談で部屋の残置物を撤去してほしいというものがありました、残置物とは部屋に残された家財のことを言うのですが不動産会社が「残置物撤去」という時は黄色信号が灯ります。

通常賃貸の部屋を返すときは賃借人が空にして返す、というのが常識です。
もしその作業を片付け業者に依頼する場合は賃借人自らが業者を探し発注するというのが通常の流れです、それを不動産会社が手配するということは異常があったことの表れです。

よくあるのがいわゆる夜逃げといわれるものです、そしてもうひとつは亡くなった、です。

この不動産会社の担当者にもご本人はどうしました?など質問を投げかけていくとなんとなく歯切れが悪くなってくる、そして孤独死状態で発見されたことを白状したのです。

この担当者遺体痕はどうせリフォームするから清掃などはしなくていい、先に中を空にすればいいと考えたようです、本当に知らなかったのかとぼけたのかはわかりませんが特殊清掃を行うべきというこちらの提案は結局聞き入れずでした。

このように特殊清掃を行わず適当なリフォームをして次に貸し出されてる賃貸物件も多いのではと思います。

一般の方でも先に家財整理や遺品整理と考える方も多いのですが知識がないから仕方ないと思いますがこれは危険なことでもあるのです、もし感染症などがあったら命にかかわることにもなりかねません。

孤独死など部屋で腐乱遺体が出たらまず第一に特殊清掃を行い除菌と消臭の一次処理をするのが先です。


遺品整理を先に行った遺族の失敗談

八潮市中央のマンションで孤独死およそ1ヵ月、トイレで発見の特殊清掃を行った。
『死後1ヵ月』『トイレ』というキーワードから急いだほうがいいと考え、今からなら2時間以内で施工できますと言ったのに指定した日時はおよそ10日先。

話しを聞くとすでに遺品整理は終わり、室内には何もない、引き渡しが施工予定日の翌日なんで前日でいいという理論でした。

この方大間違いをしています。

見てないので想定の範囲ですが死後1ヵ月のトイレが普通のトイレクリーニングレベルで引渡しできるはずもなく、徹底した除菌と消臭を目標とするなら3~4日は最低でも確保したい。

それに先に遺品整理をやったって、どうやって?
異臭が立ち込める中で業者に丸投げ?根性で自分たちでやった?

トイレはドアに厳重な目張りをしてるから室内にはかすかなニオイしかないから大丈夫と言ってましたが何が大丈夫なんだか?

実はこの案件その時はまごのてでは施工してません、上記のことを踏まえ必要な作業と概算をお知らせしたら発注しませんでした。

内容は次の通り。

トイレ内特殊清掃、防臭、脱臭、室内除菌消臭、120,000円~190,000円

おそらく激安を売りにする技術のない特殊清掃を謳う不用品回収屋か便利屋に依頼したものと思われるが全くやり切れてなかったようです。

そのことが判明したのはおよそ1ヵ月ほど経過した時に数回取引のある不動産管理会社から消臭のみの依頼があったのです、話を総合するとどうやらこのトイレ死後1ヵ月案件と似ている。

もしかして住んでた人の遺族は〇〇さん?

ドンピシャでした、しかも異常を察知したのはリフォーム会社でトイレのCFを剥がしたとたんに手にヌルっとした感触が走り異臭が立ち込めたということでした。

実はこんな例はかなりの数があり、初期対応を間違った結果です。

おそらくこの遺族や関係者は余分な時間と余分なお金を相当かけることになったのではないでしょうか?

 


孤独死が発生すると賃借人には大きな責任が生じます

契約者である人は亡くなっていますからこの場合は法定相続人や連帯保証人がその責を負うことになります、では一体どこまで行えばいいのか?が問題です

基本的には残置物を撤去し消臭され清掃がされていればいいんですがままだ法的なガイドラインがないため後々まで揉めることが多いです

実例1)都内の2DKで高齢女性が孤独死、発見まで2週間かかり隣の住人からの通報では発覚、一通りの処理を行ったが後日物件オーナーより内装全解体、家賃保証などでおよそ400万円の請求があったが居住年数は20年に及んだことから減価償却を主張し下落家賃の差額2年分とその他で80万円ほどで和解と報告



実例2)1Kの浴室で中年男性が自死、発見は早かったもののその影響で物件居住者2名が退去、いわゆる事故物件となってしまったことにオーナー側は建物の全面改築(建替え)を要求、第三者を交えて話し合いの結果ニットバスの交換費用と家賃下落分としておよそ100万円で和解



実例3)郊外の2LDK分譲マンションで孤独死がが発生、真夏で死後1ヵ月であったたため
め腐敗体液は広範囲に流れ床下のコンクリートまで浸透、消臭とリフォームで3週間を要した、相続人が遠方であったため売却の方向で進め無事売却、ただし告知事項有物件ということで近隣相場より4割ダウンとななった模様



ご遺族の中には相続放棄という切り札で原状回復はもちろん家財撤去や特殊清掃すら行わない方もいますがその場合はオーナーに大きな負担を強いることになります

ガイドラインや法律がどうとの前に最終的には人対人です、冷静な話し合いをすれば一方だけに不利な条件で進むことはありません。

孤独死や自殺で物件価値を下げない唯一の方法

オーナー・管理者|それぞれの立場による行動を伝授

八潮市,特殊清掃

埼玉県の特殊清掃一次処理対応エリア


<さいたま市>西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、緑区、桜区、岩槻区
 
川口市、蕨市、戸田市、 上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、伊奈町 、朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町 、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町、 所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、 熊谷市、深谷市、寄居町 、 本庄市、美里町、神川町、上里町 、 行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町

 

特殊清掃とはそもそも何なのか?

特殊清掃という言葉は正式なものではありません、厳密にいえば登録商標である特殊清掃業者が商標として登録しています、一般に使われるようになってきましたが実際は無断で使えません(同じくゴミ屋敷も同様で登録商標です)

ですから厳格に扱うなら商法登録の使用を許可されてない者は別の言い方をする必要があります。

特殊清掃とはご遺体があった部屋の清掃や消臭のことを指し普通のハウスクリーニングとは一線を画してます、同じようにゴミ屋敷片付けなども特殊清掃と表現される場合があります。

表現の差こそあれ行うことは同じです、遺体痕の処置をし害虫の駆除を行い除菌や消臭を行うことです、文章で書けば簡単なことですが経験と知識がないとそう簡単にできるものではありません。

孤独死や自死のあった部屋は想像以上に部屋を汚します、お客様の中でも稀に提示した価格にびっくりしそんなにかかるならと自分たちでやろうとする方もいますが早い人で3歩で足が止まります。

特殊清掃とは何かと聞かれれば「遺体のあった部屋の清掃」と答えますがその手法は多岐にわたり生半可な知識でできるものではありません、昨今は通信教育で特殊清掃を指導し大仰に<協会認定>などと謡ってますがその程度で会得できるなら誰も苦労しません。

余談ですがあの通信教育は情報弱者を巧妙に嵌め込み幻想を抱かせるツールにすぎません

特殊清掃とは突き詰めれば除菌と消臭がすべてであると思ってます、ここにゴールはありません、日々追求し続けどんどん進化させなければいけないものだと考えています。


 

特殊清掃や遺品整理を得体の知れない業者に任せてはイケナイ理由

特殊清掃はお客様不在で行うことが多いです。

したがって実態のないような会社の者を家屋内に招き入れるのは不安だと思いませんか?

特殊清掃や遺品整理業者の実態の有無とは

サイト内記載の住所をGoogleストリートビューで見たときに会社(事業所)らしきものが確認できないところを指します、アパートやマンション、戸建てや空き地、駐車場でまともな業務ができるはずもありませんし、それを実態がある会社とも言いません。

『まごのて』が片付け業者として安心な理由。

・会社の実態がある。
・すべて正社員で運営
・廃棄物の処理がフロー化そして見える化されている。

一説によると特殊清掃や遺品整理を掲げてる業者の9割が素人、悪徳、実態なしと言われています。


東京都内での孤独死の部屋片付け、後始末、消臭は即日解決します

港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区
 

【どれぐらいクサイんですか?】

これはまごのてで保有する人気ブログからの転載です。

私たちの仕事で切っても切れないものの中にニオイがあります、他の人も関心高いらしくどんなニオイ?ってよく聞かれます、不謹慎だけどご遺体があった部屋のニオイのことは聞かれても表現のしようがありません。

部屋の状況って100人100様でひとつとて同じものはありませんが振り返ってみるとニオイのパターンってそう多くありません、たぶん目隠しされて現場に連れていかれても部屋の主の性別、ゴミを溜めた年数、ムシの発生の有無ぐらいはわかるんじゃないかしら。
ニオイに対して鈍感になりませんか?ってのもよく聞かれますが鈍感にはなりません、むしろ逆でいろんなパターンを経験してるから細かく嗅ぎ分けれるようになってます。

腐乱遺体現場の場合は発見日数が経過してるほうが確かにヒドイ場合が多いんですけど他の要因と相まって必ずイコールになるとは限らない、冬場で数日と聞いて気を抜いてたらドア開けた途端パンチを食らったみたいになったことありますもん、そこの場合はホットカーペットの上プラス暖房ガンガンだったらしいです。

じゃそこで1日作業した私たちはどうなるのかというと・・・たぶんすごく迷惑な存在だと思います、ニオイ成分って基本的には水に溶けますからシャワー浴びて着替えれば消えますがまさか現場ではそんなことできません、お昼ご飯でお店入るときとか結構気を使います、大丈夫だろうと思って入った途端居合わせたお客さんが一斉に出ていったことあります。

ニオイって人の生活のある場所には必ずあるんだけど必ずしもそれはいいものであるとは限らない、特に最近は無臭化しようとする風潮がありますから少しのニオイでも過剰に反応されるコンビニで50cm上からお釣落とされたときの絶望感・・・

それだけニオイに過敏な現代の風潮なのに明らかにおかしいニオイを発してる部屋の隣に住んでるのに変だと思わない矛盾・・実際気づいてもどうしていいかわからないですよね

 


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり