【孤独死現場・自殺・事件事故】消臭と脱臭の違い

2018/03/01

特殊清掃は突き詰めれば除菌と消臭がすべて

部屋で孤独死や他の事情で亡くなり発見まで時間が掛かるということ、昨今はニュースにもならないほど毎日どこかで起こることです。

ですがこれは異常な事態かもしれません、本当はもっと早くに発見できるシステム作りが急務かもしれませんが地域コミュニティが都会だけでなく地方でも崩壊しつつある現代ではこれといった対策ができていません。

もし隣に住む人が亡くなって体が溶け異臭が漂い始めるころはかなり悪化してます、それは到底人が受け入れることができるニオイではありません、人によっては頭痛や嘔吐まで出てしまいます。

そのような状態を一秒でも早く解消するのが特殊清掃業者です、特殊清掃とは汚染された部屋をキレイにしニオイを取ったりハエなどの害虫を駆除し元通りにする作業です。

ハウスクリーニングなどの一般の清掃業者と一線を画し専門的な知識や専用の薬剤や機材の扱いに慣れていないとできません。

遺体痕の処置,特殊清掃

特殊清掃を専門に行ってる会社はこれの技術開発を日々研究しています。腐敗体液は文字通り液体ですからあらゆる場所に広がり浸透します。これらをちゃんと見極め処理をしないことにはいつまでも臭い続けてしまうのです。

体液など汚染痕の除去は拭く・削る・閉じ込めるという作業で除去できますが浮遊している菌を取り除くことも重要です。壁材のや天井に入り込んでしまった菌までしっかり除菌します。これは作業者の安全を守ること遺族の安全を守ることにもつながるのです。
 

【特殊清掃で使用する薬剤や機材】

まごのてでは特殊清掃で使用する薬剤を数年の実践ののち的確なものをチョイスしています、このような薬剤もどんどん開発され進歩しています。

大きくは除菌のための薬剤と消臭のための薬剤、洗浄するための薬剤を使用します、除菌については次亜塩素酸を利用するのか二酸化塩素もしくは次亜塩素酸ナトリウムを使うか社内でも議論があったのですが安全性などを考慮し原則的には次亜塩素酸水を使用し補足的に次亜塩素酸ナトリウムや他の薬品を使うようにしています。

またオゾン発生器も積極的に使用しています、特殊清掃現場でのオゾンの使用は賛否両論あるのですが除菌効果消臭効果などこれに勝るものはないというのが今のところの見解です。

<まごのて>では特殊清掃で培った技術オゾンショックトリートメント法による空間除菌を行います、昨今オゾン除菌や消臭の有益性は実証済みですがまごのてで採用しているマシンは世界最高峰のマシンです。
国内外問わずオゾン発生器は様々なメーカーから発売されてますがオゾンショックトリートメント法を使えるマシンはイスラエルのエコゾン社のマシンのみです。

<オゾンショックトリートメント法とは?>
日本除菌脱臭サービス協会が認定する、オゾンを用いた最新の脱臭方法・理論のことです。多様な臭気、臭度の強い臭気を短時間で強力に脱臭することが可能です。


従来のオゾン酸化分解法では、【時間が掛かり】【効果も限定的】で、満足な消臭サービスを提供することが出来ませんでした。
しかしOST法に準拠することにより【短時間で】【高い効果】があげられるようになり、コストおよび効果の面で非常に満足度の高い消臭サービスを提供できるようになりました。


まごのてではこの最高峰のオゾン発生器を6台保有し最短で対応できるよう準備しています。


【特殊清掃以外の消臭】

まごのてでは特殊清掃で培った消臭技術を生かしあらゆる消臭業務を行っています。

1.介護施設や送迎者の消臭

2.中古車の販売前の消臭

3.ゴミ屋敷片付け後の消臭

4.その他一般家庭のニオイの調査、消臭作業


 

特殊清掃におけるオゾンの有効性

下準備を行った上で最後の仕上げにオゾン脱臭を利用することは有効です、単なる消臭脱臭だけでなく完全除菌を行うには今のところオゾンしかないというのが大方の認識です。

ですがオゾン発生器の性能もまちまちで家庭用に毛が生えた程度のマシンしか所有していない会社もあります。

某業者サイトではオゾンの効果に疑問を感じオゾンの使用をやめた、オゾンがなくてもニオイは取れると豪語してますが都内でもいくつかある特殊清掃専門業者がそのような見解をしてるのは聞いたことがありません。
特殊清掃業にとってオゾンは必須の機器であると断言していいと思います(ただし極限られたマシンのみ)

特殊清掃でオゾンを使用した工法の場合はオゾンショックトリートメント法という方式が推奨されています(オゾンショックトリートメント法についてはコチラ)
ただしこれを行えるマシンは限られておりこれを導入している特殊清掃業者を選ぶべきです、ひじょうに高価なため安易な気持ちで行ってる業者は導入すらできません。

まごのてではオゾン脱臭機の世界最上位モデルとされるエコゾン社のマシン3機種を計6台導入し万全な体制を整えています。

特殊清掃業者を選ぶ際にはどこのメーカーのオゾン発生器を使ってるか聞いてみるのもひとつの目安になるかもしれません(黄色いシリーズと答えれば信用に値すると判断していいでしょう)


オゾン使用を否定する特殊清掃業者

まごのてを含め有名どころの特殊清掃業者でオゾンを使用していない会社を知りません、サイトでオゾンは効果がないと言い切ってる業者がいますが、ではいったい何を使って仕上げをするのでしょうか?

確かに遺体痕に対して適切な前処理あってのオゾンです、それでも空間に浮遊した菌に対しても残留臭に対してでもオゾンに勝るものはありません、だから真のプロ業者は使用してるのです。

おそらくですが、このオゾン発生器、かなり高額ですので導入する費用が捻出できない負け惜しみかも知れません。

まごのてにも一度、この手の業者が電話してきて「オゾン発生器を2日レンタルしてほしい」と言ってきたことがあります、この業者そう有名ではありませんがある地域ではSEOがしっかり効いており「年間実績○○!」と高らかに書いてますが現実はこんなもんです。(もちろんレンタルなんてしません、こんな素人に貸したら事故が起きます、下手すりゃ死人が出ます)


【埼玉県三郷市で特殊清掃】その日のうちに遺品整理まで

【千葉県柏市で特殊清掃】同じ家で気づかなかった!?

【東京都板橋区】|特殊清掃は時間との戦い◇初期消臭3万円~|孤独死のあった部屋の掃除

東京都杉並区|大至急!孤独死のあった部屋の消臭、除菌【孤独死・自殺・事件事故

孤独死のあった部屋の掃除【東京都練馬区】|特殊清掃は時間との戦い◇初期消臭3万円~ 
 

【特殊清掃後の臭い戻りについて】

特殊清掃を行ったにもかかわらず臭いが消えない、もしくは臭いが戻ってきたという相談を受けます、大きくはこれらが原因です。

1.他社が特殊清掃を施工したがスキル不足。
2.物件大家さんや遺族が行った。


いずれも素人さんであったために起こるべくして起こったのです。

臭い戻りの原因も大きく2点です。

1.腐敗体液、腐敗脂(まとめて遺体痕)の除去残しがある。
2.建材の一部に臭い粒子が染みこんでいる。


これらの判断はある程度経験を積まなければ予測できるものではありません、特に臭い粒子に関しては目に見えませんから使用機材や薬剤そしてそれを使いこなせるだけの確かな力量が必要となってくるのです。

特殊清掃,除菌,消臭

埼玉県八潮市で孤独死|特殊清掃と遺品整理をご依頼いただいた唐木さん

先日は父の自宅の清掃でお世話になり、本当にありがとうございました。大変な作業だったと思うのですが、嫌な顔一つせずに私たち遺族に寄り添っていただき、とても感謝しています。

父は医療や介護サービスを受けながら一人暮らしをしていましたが、あまり人とかかわることが得意な人ではありませんでした。デイサービスなどの利用も断っていたようです。

できる限り自分のことは自分でしていました。私たち子どもにも世話になりたくない様子で、訪問しても追い返される、電話をしても切られる状態だったので、次第に近づかないようになってしまったのです。

発見されたときはすでに亡くなって10日ほど経っていたようで、転倒して起き上がれず、そのまま亡くなってしまったようです。家主さんから聞きました。悪臭が充満しており、体液が浸出していましたので、プロの業者様にお願いすることにしたのです。

あのような状態から綺麗になるのを拝見して、素晴らしい技術だと思いました。またそれだけではなく、一緒に遺品整理まで行っていただきました。大したものではありませんが、父の使っていた財布は大事にしようと思っています。

あのような状態でも嫌な顔せずに、私たちを気遣っていただき、プロ意識というものをとても感じました。最初にすべて説明していただけましたので安心してお任せできました。本当にありがとうございました。
 

特殊清掃、孤独死の後始末は都内最短60分で対応

足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・ 北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域<神奈川県>川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域<埼玉県>さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域


 

孤独死が発生すると賃借人には大きな責任が生じます

契約者である人は亡くなっていますからこの場合は法定相続人や連帯保証人がその責を負うことになります、では一体どこまで行えばいいのか?が問題です。

基本的には残置物を撤去し消臭され清掃がされていればいいんですがままだ法的なガイドラインがないため後々まで揉めることが多いです

実例1)都内の2DKで高齢女性が孤独死、発見まで2週間かかり隣の住人からの通報では発覚、一通りの処理を行ったが後日物件オーナーより内装全解体、家賃保証などでおよそ400万円の請求があったが居住年数は20年に及んだことから減価償却を主張し下落家賃の差額2年分とその他で80万円ほどで和解と報告



実例2)1Kの浴室で中年男性が自死、発見は早かったもののその影響で物件居住者2名が退去、いわゆる事故物件となってしまったことにオーナー側は建物の全面改築(建替え)を要求、第三者を交えて話し合いの結果ニットバスの交換費用と家賃下落分としておよそ100万円で和解



実例3)郊外の2LDK分譲マンションで孤独死がが発生、真夏で死後1ヵ月であったたため
め腐敗体液は広範囲に流れ床下のコンクリートまで浸透、消臭とリフォームで3週間を要した、相続人が遠方であったため売却の方向で進め無事売却、ただし告知事項有物件ということで近隣相場より4割ダウンとななった模様



ご遺族の中には相続放棄という切り札で原状回復はもちろん家財撤去や特殊清掃すら行わない方もいますがその場合はオーナーに大きな負担を強いることになります

ガイドラインや法律がどうとの前に最終的には人対人です、冷静な話し合いをすれば一方だけに不利な条件で進むことはありません。
 


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり