ゴミ屋敷化した部屋の遺品整理で出た大量のモノとは?

2018/02/01

ゴミに埋もれた札束発見!

東村山市の団地、ゴミ部屋片付けでのこと。

依頼者の女性は30代半ばの女性で2DKに一人で暮らしてるという、元々はお母さんと住んでましたが約一年前に亡くなったということでした。

ゴミ屋敷状態はお母さんがいたときからで亡くなってから拍車がかかったということでした、ゴミ質はあまり良くなく部屋の奥の下のほうのゴミはかなり古そうです。

ゴミの総量は溜めた年数で推し量ることができますが私たちは本人申告を信用しません(あくまでも参考程度です)この部屋も5~6年と言っていたが奥に見える新聞の日付は上にあるだけですでに7年弱前のものでした。

高さがないとつい甘く見てしまいがちですがこのあたりで推測するとけっこうピッタリ出すことができます、あと男性より女性のほうがゴミ質が悪くなる傾向にあります、したがって料金も女性のゴミ部屋のほうが若干高額です。

作業を進めるととにかく食品系のゴミが多くパックに入ったままの魚や野菜もありました(もちろん原型は留めてません)当然ゴキブリも大量発生しており作業は難航しました。

作業中盤戦、かつてお母さんの部屋だったというタンスの前に差し掛かったときに不自然に重たいエコバッグを発見しました、また腐ったキャベツか玉ねぎかと恐る恐る覗いてみるとコンビニ袋で何かをくるんでます、本?砂糖?

はい!出ましたよ現金!そのまま依頼者に渡したんで正確な金額はわかりませんが300~400万というところでしょうか?

この依頼者の女性そんなお金のことはまったく知らなかったようです、しかも予算が厳しいからと水回りのクリーニングや本当は行ったほうがいいゴキブリ駆除などのオプションを全部省いてました、もちろんその場で追加依頼になりましたが。

このように大量のお金が出ることはよくあります、遺品整理ではもはや当たり前のことですが単純なゴミ屋敷でもよく起こります、かつてはゴミの中から3000万円、5000万円、金の塊、数百万レベルなら毎週出くわします。

特に高齢者が同居してたことがある場合は要チェックです、悪徳業者や意識の低い片付け業者を入れてしまうと全部持って行かれますよ。

横浜市西区で倉庫系ゴミ屋敷の片付けを行いました

みなとみらい地区の高級マンションでの作業でした。

高級マンションでの作業は緊張します、養生もしっかり行う必要があるしトラックの停め場所、エレベーターの使用ルール全部をチェックしなければいけません。

今回のミッションは3LDK中2部屋を倉庫状態にしてしまい部屋の役目をはたしていないのを部屋として機能させるというものです、目的は子ども部屋を作ることでした。

現在親子四人がリビングと1部屋で暮らしてる状態でした、聞けばまだたっぷりとローンが残ってるらしいです、3LDKのうち2部屋を潰してるということは約半分無駄にお金を払ってることと一緒です。

倉庫系でも使わなくなったガラクタを詰め込んでるだけなら勝負は早いのですが趣味系の物は難しいです、今回も極力処分と言ってたけど最終的にはダンボール20個は取り置きました。

趣味系でモノが多い方はとにかく自身の管理能力を知るべきです、10個しか管理できる能力がない方が15個持てばそりゃ部屋は荒れます、逆に20個管理できる人が18個ならまだ2個分のキャパがありますね。

部屋の収容能力と自身の管理能力、この2つをしっかり認識することが汚部屋化しない秘訣です。

0344055420


ゴミ屋敷,現金

【廃棄物の行方を考える】

これはまごのてが保有する人気ブログからの転載です。

ココイチの廃棄カツどうやら今回だけではなく常態に行われていたようです、見方によってはまだ食べられるのに捨てるのはもったいない、だったら二次流通に回そうという考えはアリと言えばアリ。

でも廃棄処分として請け負ってる産廃処分業者が転売するのはやっぱりダメです。

私たちの仕事でも産廃業者がやってるところあります、彼らは視点が違います「売れるか売れない」かの判断しかしません、有価分がこれだけあるんでこの分はマイナスしますってんなら話は別ですが・・・

同じゴミ部屋でもコンビニ系や食品系の腐り物が多い部屋は高く、金属系の多い部屋は安く請け負うという構図があります、あと金目のモノが出そうな家はタダみたいな値段で請け負うバカタレも多い

見積りはしたけど他社に依頼したお客様から電話(ゴミ部屋+遺品整理)どうしても急いでやってほしい、このままだと金目のモノ全部持っていかれちゃう!と悲痛な叫び、作業をしてる最中だけど明らかに貴重品があるであろう場所だけを物色してるというのです。

じゃあすぐに作業を中断させてその業者追い返せますか?おそらくキャンセル料もかかりますよ?と言うものの強く言えない性格らしく親類を装って現場に急行、車はゴミのパッカー車と汚い軽トラ、ホームレスかと思うようなオッサンたちが作業してましたww

「ご苦労さまですーーあれ?この箱ってお婆ちゃんのアレじゃないの?」「とりあえずここに置いてくれてるんですよね?」って作業者に話しかけてみました、そしたらしどろもどろ・・・軽トラに積んであったモノを家に入れ「警察呼ぶかこのまま撤退するかどうする?」と迫り、すでに積んだ廃棄物処理料金だけ払って撤退させたのでした

これ文章ではサラッと書いてますけど実際は大阪府警VS山口組みたいに怒号が飛び交ってますw

その業者しきりに有価分は値引く、○○さんが捨てていいと言った、などグズグズ言ってましたが本物のクルーガーランド金貨までポケットに入れといて値引きもへったくれもない。

こんな例から見てもこの「ダイコー」なる産廃業者、転売できることを見越して安く請け負いそれなりのシェアを得ていたんではと思います、ココイチだけでなくけっこう有名な食品会社からも委託されてたようですから、やってることは不法投棄となんら変わりません。

ちょっと前ですが産廃業に勤めてるご主人から片付け依頼がありました、ゴミ捨てが本職なんだから自身のブレーンでやればいいのに、と思ったんで話を聞くと「実態を知ってるだけに自分の家に上げるのすらコワイ」ってことでした、他のお客様でも本当にキチンと処分されてるのか確認したいと処分場への同行をした方もいました。

不正処理だろうと不法投棄だろうととにかく自分の元から消えてくれたらいい、そして安いにこしたことはないという構造が生んだ犯罪のような気がしないでもない。

 


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり