• トップ
  • 新着情報
  • 東京都荒川区|孤独死の特殊清掃・消臭【事故物件を告知せず貸した】

東京都荒川区|孤独死の特殊清掃・消臭【事故物件を告知せず貸した】

2018/03/01

東京都荒川区で孤独死や自殺のあった部屋の清掃 

荒川区の2DKアパートでのこと、引越後の開梱作業でお伺いしたお宅で異変を察知した、どうも臭いのだった、まったく関係ない作業でお伺いしてるのにこの臭いを嗅ぐと反応してしまいます。

さてどこから漂ってるのか?まさか依頼者にこんなことは聞けないのでさりげなく隣近所に挨拶に行ったか聞いてみると不在と空き家以外はすべて顔を合わせたという、唯一顔を見てない部屋も夜遅くに出入りがあるのは確認しているという。

ということはどこかの部屋で異変が起きてることは考えずらい、こっそり大島てるをチェックすると微妙な住所だけどたぶんここじゃない。
もう一度部屋を外からくまなく見渡す、玄関、廊下に異変はない、部屋もぱっと見た感じは古いながらもキレイには見える、違和感を感じるのはダイニング部分。

床のCFだけが妙に新しいのとなんとなくバランスが悪い気がする、くまなく鼻を近づけながらチェック、間違いなくここ。
知ってしまったらこれは言うしかないので依頼者に説明、これを知っていて借りたのか聞いてみると目を丸くしながら聞いてないという。

仕方ないので仲介の不動産屋に電話してもらいすぐ来てもらいました、しばらくして到着した担当者はあっさりと孤独死があったことを白状した、言い訳はこうだ。
孤独死があったのは間違いないがあなたの契約前に一人契約者がいた、規定では告知するのは次の入居者までなので伝えなかったということでした。

許可を得てフローリングを剥がしたらそのまま遺体痕のシミが残ったままでした、いったいどんな処理をしたんだろか?おそらく知識のない自称特掃屋がやったかリフォーム屋がプライマー塗ってCF被せりゃいいんじゃない?ってことだったと思います。

このようにキチンとした処理をしないといつまでも臭い続けてしまいますし何よりも賃借人がかわいそうです、この場合は仲介さんがすぐその日に他の部屋を用意してくれ引越しの手配もしてくたからよかったけど知らないでそのまま住んでたら一体どうなっていたんでしょうか?

 

【なぜキチンとした特殊清掃を行う必要があるのか】


人が亡くなり時間が経てばどうなるか知ってますか?
カラカラに乾いてミイラ状態になんてなりませんよ、溶けて流れて広がるのです。
そして腐乱しそこにハエが沸きウジが沸くのです、近隣には重異臭を撒き散らし大量のハエの被害をもたらします。
すぐに処理をしなければいけない理由がおわかりでしょうか?

0344055420

特殊清掃一次処理の重要性を動画で紹介

【特殊清掃は時間との戦い!荒川区なら最短60分でお伺い可能】

株式会社まごのては東京都江戸川区に本拠地を置く特殊清掃業者です、荒川区は距離も近く最短で1時間以内にお伺い出来る地域です。

荒川区でも年々孤独死は増えておりまごのてでの取り扱い件数も増加しています、昨今の傾向としては遺体発見まで時間が掛かる例が増えており1週間を超えるものが大多数です。

遺体発見まで時間が掛かると異臭やムシの発生が起こり隣近所に影響を及ぼし迷惑を掛けることとなります、まごのてではその状態をいち早く解消するため特殊清掃一次処理サービスを行っています。

これはまず第一にニオイや虫など周囲への影響を止めること、そして遺族や関係者が入室できるようにすることを第一義としています。

特殊清掃一次処理の作業内容は次の通りです

ウジ、ハエの駆除 2.汚染物の撤去 3.血液や腐敗体液の除去 4.一次除菌と消臭 5.異臭漏洩防止処理

※施工場所は遺体痕とその周囲のみです、また家財の撤去などはこの時点では行いません。


荒川区の特殊清掃

【特殊清掃の見積について】

まごのてでは特殊清掃に見積という概念はありません、見積に時間を割くぐらいならいち早く悪い状況を解決するほうがお客様のためと考えてるからに他なりません。

費用は一次処理だけですと3万円から高くても10万円程度です、所要時間も着手してしまえば1~2時間です、つまり荒川区や墨田区、葛飾区であれば最短で一報から3時間程度で入室可能です。

一次処理の時点で今後の防臭作業や遺品整理や家財撤去のご提案と見積を行います、これは初めて経験する方がほとんどであることを踏まえ今後部屋に対して何をすればいいのかわかりやすく示すロードマップのようなものです。

 

「孤独死が多い街」はどこか。特殊清掃人が見た壮絶現場

東京五輪に向けて一段と注目が集まる首都圏。一見、好景気に沸くエリアも災害リスクや地価下落、さらにはご近所トラブルなどが潜む。そこで、首都圏の「ヤバい街」を各ジャンルのプロが指摘。人気な街の“意外な顔”が明らかになる!

「この物件は孤独死した50代の男性住人の遺体と一緒に、ペットの猫が腐敗した死骸となって十何匹も発見されています。バブル期には投資用物件として人気でしたが、今は家賃が下がって所得がそれほど高くない人も入居するようになり、開かずの間が増えているんですよ」

現場となったのは都内の某人気エリアのマンションの一室。鼻を突く獣臭が漂う部屋の中で、淡々と状況を語るのは事件現場清掃会社の高江洲敦氏。そんなプロの特殊清掃人の経験から「孤独死が多い街」とその共通点を探る。

「首都圏を環状に結ぶ16号線という国道の周辺には、郊外型のベッドタウンや団地、古い住宅アパートなどが数多く点在しています。こういったエリアは中高年層の単身世帯や独り身の高齢者が多いので、結果的に孤独死を含む特殊清掃の案件も集中しています。

具体的に挙げるとすれば、都内は町田、小平、多摩センター、東十条。神奈川県だと横浜、新百合ヶ丘、鶴ヶ峰、二俣川。埼玉県では春日部、西所沢、小手指、秋津、新座でしょうか。団地は住民が減っているので、発見が遅れがちです」

 孤独死が起こりやすい地域はどこも家賃と物価がリーズナブル。交通の便は都心から40分程度という共通点がうかがえる。

「あとは箱根や湯河原、真鶴といった関東近郊の古くからあるリゾートも案件が多い。ついのすみかとして移住した高齢者とか、この地域では珍しくないゼロ円物件で暮らす低所得者が孤独死してしまっている印象です。

都心部で言うと、古い住宅地や商店街が残る渋谷で、千駄ヶ谷方面に少し外れると賃料も安くなるからか、意外と孤独死が多いです」

 今回、多くの街が挙げられた孤独死だが、近隣での遭遇は願わくば避けたいものだ。

<孤独死が多い街の特徴>
1.国道16号線周辺の郊外型団地
2.関東の古きよきリゾート
3.家賃が安く都心40分圏内

(SPAより抜粋)


 特殊清掃【武蔵野市】今日中に解決!|孤独死や自殺で部屋が汚れたら

【東京都大田区で特殊清掃】孤独死があった部屋の原状回復

孤独死が発生【東京都台東区】特殊清掃は即対応【今日中に解決】

【孤独死があった部屋のニオイ】特殊清掃でオゾンは有効なのか?

孤独死のあった部屋の特殊清掃◇今すぐ消臭

特殊清掃|千葉県【孤独死のあった部屋の清掃】即日対応

特殊清掃【市川市】即日対応|孤独死があった部屋はまず何をする?

【東京都葛飾区】特殊清掃【孤独死のあった部屋のニオイを止める】


サイトメニュー

会社情報

対応エリア

<東京都>
足立区・荒川区・板橋区・江戸川区
大田区・葛飾区・ 北区・江東区
品川区・渋谷区・新宿区・杉並区
墨田区・世田谷区・台東区・中央区
千代田区・豊島区・中野区・練馬区
文京区・港区・目黒区・都内全域(離島除く)

<千葉県>
浦安市・市川市・松戸市・柏市・千葉県全域

<神奈川県>
川崎市・横浜市・相模原市・神奈川県全域

<埼玉県>
さいたま市・所沢市・川越市・川口市・埼玉県全域

<その他>
茨城県・栃木県・群馬県の一部地域

※エリア外ですが福島県・山梨県・静岡県に出張実績あり