ペットボトルにおしっこをすることに魅入られてしまった

2018/02/01

ペットボトルにおしっこを溜める心理

横浜市金沢区でションペットありのゴミ部屋片付けを行いました

横浜市金沢区の1Kマンションのゴミ部屋片付けを行いました、パッと見たところコンビニ系の基本的なゴミ部屋ですがなんとも言えない異臭と尿入りペットボトルがチラホラ見える。

ションペット=尿入りペットボトルがあると料金がぐんと上がります、これがあるということは衛生状態がひじょうに悪いのです、実際ここも何本出るかわかりません、とにかくゴミを掘るたびにションペットが出ます。

最終的には800本程度のションペットが発掘されました。

作業内容としては必要な物をピックアップ、水回りと床のクリーニング、消臭除菌 作業費:430,000円
※ションペット割増 150,000円

以前作業をしたことのあるお客様でお茶やジュースの飲み残しと何ら変わらないのにどうしてこんなに高額になるんだと開き直られ半ギレで食いついてきた方がいました、ふーん(* ̄- ̄)お茶と一緒?じゃ飲んで!とキャップを開け鼻先に近づけたことがあります。
涙目で「スミマセン」となったのですが何故こんなことを言ったのか作業しながら聞いてみたところまごのてに決める前に他社でションペットに対する割増はしないと言ったところがあったらしいです(じゃあそっちに依頼すりゃよかったのに)でちょっと言ってみただけと言うことでした。

ションペットを作るということはその過程で絶対漏れてるに決まってます、ボトルの蓋がきっちり閉まってなくて漏れ出てることもあります、部屋を一番傷める要因はションペットです(遺体痕より傷みます)

割高になる要素満載であること、ご理解いただけたでしょうか?

 

600本以上の尿入りペットボトルがあった1Kのごみ部屋

東京都足立区で行った1Kのゴミ部屋掃除の際は2ℓボトルで600本以上の尿入りペットボトルが出ました。

室内のゴミの高さは1mぐらいあり天井のほうが近い状態、廊下にあるトイレのドアは開くことすらできませんでした、ですから当然トイレは使えないのですが、だからと言ってペットボトルにするのはどうなんでしょうか。

我々も長年この仕事をしてますが、この心理だけは未だに理解できません。
あくまでも仮説ですが、これはセルフネグレクトの典型例ではないだろうか?

セルフネグレクトとは自分のお世話の放棄することとして、研究者の中ではとりわけ高齢者のゴミ屋敷で使われることが多いのですが、我々の見解は少し違います。

若年層の有機系ゴミ部屋こそがセルフネグレクトではないかと考えています。
尋常じゃない量のゴミが部屋にあり腐臭を放つ中でご飯を食べ、寝る、そしてペットボトルにおしっこをする。

ゴミ部屋片付けを依頼した方が言います「はっと気づいたらこうなっていた」

この言葉が示すことは、ゴミ部屋形成中はなんとも思わなかった、ということではないでしょうか。

ゴミ屋敷化する入り口や要因は人それぞれですが、形成中の過程は一時的に人間が壊れてる、と考えていいかもしれません。

「はっと気づいた」からその状態を脱することができたのです、今世の中にはまだ気づかないで形成中の方もたくさんいるんだろうと思います。

尿入りペットボトル屋敷
ウーロン茶ではありません、すべて尿入りペットボトルです。

 

ゴミ部屋片付けは早急に対応します(尿入りペットボトルがあっても大丈夫)

<23区>港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

<23区外>昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市

ションペット