• トップ
  • 絶対キレイになる!ゴミ屋敷や汚部屋のハウスクリーニング

【劇的チェンジ】ゴミ屋敷やごみ部屋のハウスクリーニング

ゴミ屋敷(部屋)片付け後はハウスクリーニングで完全仕上げ!

さまざまな理由でゴミ屋敷(ゴミ部屋)や汚部屋になってしまい、一念発起してお片付けをしても最後の仕上げで進まなくなってしまう例が多いです。

ゴミがたくさんあるときは見えなかった床が想像以上に汚れていた、トイレやお風呂も汚く自力ではどうしようもないという事実に直面します。

ゴミ屋敷(ゴミ部屋)だった部屋を完全に住めるように復元するには仕上げのハウスクリーニングを行うのが不可欠です。
とりあえずゴミがなくなったんだから、まあいいかと放置するとまた汚部屋に逆戻りしてしまうかもしれません(ブロークンウインドウ理論)


ですから必ず仕上げのハウスクリーニングを必ず行いましょう。
特に床と水回りは絶対に行うことをおススメいたします、まごのてではゴミや不用品撤去の後も完全自社施工でこれらのハウスクリーニングを完璧に行います。

もちろん他社でゴミだけ片付けた場合でも喜んでお引き受けいたします。

株式会社まごのてのゴミ屋敷ハウスクリーニング専用サイトはこちら

 

見えない排水管内はドブのようなもの|排水管高圧洗浄

いつもどんなにキレイにしてるお宅でも、お掃除が行き届いていない場所があります。

それは、排水管です。
どんなに気を付けていても、定期的にパイプクリーナーを流していても毎日のことですから汚れはどんどん堆積し、やがては詰まりや悪臭の元になってしまいます。

ゴミ屋敷化していたり汚部屋状態であればなおさらです。
事実、私たちがお片付けにお伺いする部屋の実に70%程度が、水の流れが悪かったり臭いが出る原因になっています。

排水管や排水溝内はいわば『ドブ川』みたいなものです。
詰まりだけでなく、悪臭やゴキブリの発生源にもなる場所です。


排水管の詰まりや臭いを解消します
まごのての関連会社にはこの排水管洗浄や、下水の高圧洗浄を行う会社があります。

せっかくゴミ屋敷を片付けたのですから、この機会に排水管の洗浄も行ってはいかがでしょうか?

<排水管高圧洗浄料金>

マンションの場合ですと全箇所(3~5箇所)で2万円前後です。
戸建ての場合は、外の下水本管から排水桝まで含め7万~12万円です。

トイレやお風呂の詰まり直し、排水管高圧洗浄はエコロビーム東京へどうぞ(江戸川区、江東区、葛飾区、浦安市、市川市は最短60分で対応します)


※他社の動画ですが、キッチン排水管がいかに汚れているかわかります。



汚れ切った壁も劇的チェンジ!

ゴミ部屋片付けを行ったお客様限定◇壁紙を新品のように回復

ゴミ部屋片付けをしてゴミがなくなってスッキリはしたものの、床の汚れや壁の汚れが気になるという方は多いです。

まごのてでは床面に関しては、デフォルトでキレイに仕上げますが、壁紙はホコリをはらう程度にとどめていました。

壁紙は基本的にクリーニングできません、文字通り紙ですからどうすることもできませんでした。

今回商品化にこぎつけたのは壁紙塗装です。
壁紙を交換する、というのは一般的ですが、意外と手間もかかりますし、何より清掃会社であるまごのてでは施工できませんでした。

まごのてで行う壁紙塗装はただペンキを塗るだけの塗装ではありません、特殊清掃で培った技術を応用しています。

特殊清掃では汚れや臭気の元を封じ込めたり除去するということを行います、ゴミ部屋片付け後の壁紙塗装にもこの考えを取り入れ、ゴキブリの糞跡やひどく汚れた壁紙の下処理をしっかり行いますので、塗装後に汚れが浮き出てきたりしません、また防臭効果のある塗料を使用しますので、ゴミ部屋片付け後特有のイヤなニオイも消えます。

ゴミ屋敷片付け後の壁紙もキレイになる

こんなに汚れた壁紙も劇的チェンジ!

壁紙を塗るという選択肢

ゴミ部屋片付け後の仕上げ施工費

水回りと床のクリーニング:115,000円
壁紙塗装:85,000円
除菌消臭:20,000円

特殊清掃はハウスクリーニング業者でも施工できるのか?

実は清掃会社でもいろんな種類がある

近年多い相談の中で、『普通の』ハウスクリーニング業者の方から、いわゆる特殊清掃の相談を受けます。

孤独死などが発生した部屋の清掃を特殊清掃と呼びますが、同じ清掃業でもこの特殊清掃だけはまったく違う分野のものと考えられるのですが、そんなことは一般の人にはなかなか理解できません。

同じ汚れを落とす、という作業には違いがないのですが、その手法や考え方は似て非なるものです。

普通のハウスクリーニング業者が相談や依頼を受け、二次請けとして私たちのような特殊清掃業者に任せてしまうか紹介するのが一番良い方法なのですが、たまに普通のハウスクリーニング業者が着手してしまい失敗することがあります。

以前、浴室で孤独死(死後3週間)という依頼を請けたハウスクリーニング業者が作業途中でギブアップしてしまい、まごのてに再依頼ということがありました。

しかも、普通のハウスクリーニングの料金で請けており、こちらの料金提示にびっくりしていました。

この浴室の特殊清掃の場合でも、汚染された水をそのまま排水に流していたり、除菌や消臭をまったく行っておらず、かなり危険な状態でした。

ハウスクリーニング業者は個人事業主が多く、一件でも受注を増やしたい気持ちはわかるのですが、特殊清掃やゴミ屋敷系は専門業者にお任せいただくのが賢明だと考えます。

孤独死などがあった部屋の特殊清掃を再依頼したいハウスクリーニング業者様は下記までご相談ください。

株式会社まごのて営業部:03-4405-4233
営業部直通Mail: magonote-eigyoubu@osoujiyasan.jp


特殊清掃だけではない様々な清掃業態

一般向けですと、まずハウスクリーニング業者が思い浮かぶと思います、この分野はすでに確立されており、ダスキンやお掃除本舗などの大手業者もあり、よく知られた存在です。

次に、ある部分に特化した清掃業者もあります。
例えば排水や外壁などです、これも清掃業者にカテゴライズされています。

そして、私たちのような特殊清掃業者です。
この業態はまだハウスクリーニングのように確立されていません、素人の便利屋や廃品回収業者までが特殊清掃や遺品整理、ゴミ屋敷片付けをメニューに掲げています。

本当に文字通り特殊な業態のため、素人レベルの業者を選ぶと最悪な結果にななってしまいますので、しっかりした見極めが必要になってきます。
 

ゴミ屋敷の片付けは特殊清掃なのか?

特殊清掃という言葉はある会社が商標登録をしている言葉です、ですから厳密に言えばこうやって使うことができません。

ゴミ屋敷も同じくです、この言葉も登録商標です。

ですから、本来はそう簡単に使えないのですが、登録権者からも使用差し止めはは来てませんし、マスコミも使用して一般化しているのでこのまま使用します。

表題のゴミ屋敷のハウスクリーニングやお片付けは特殊清掃なのか?と聞かれることが多いのですが、一応『特殊清掃』は孤独死や自殺などで部屋が汚れてしまった場合に施工する清掃作業と位置づけられています。

ただ、一般のハウスクリーニング業者が施工できないような汚れは特殊清掃業者ならできる、という認識もあるため業界内の認識と考えたほうがよさそうです。

コトバだけのものであって、実際は各社の持つスキル次第です。
 

引越時の原状回復っていったいどこまでやればいいの?

賃貸住宅を退去する場合

賃貸の部屋を借りていた場合は退去する際に「原状回復」の義務があります、では何を基準に原状回復完了とするんでしょうか?

原則的には入居時と同じ状態です

ただ通常使用であっても汚れたり劣化するのが普通ですから加味されません、ですがゴミ部屋にしていた場合はどうでしょうか?これは通常使用とは言えず「善管注意義務」に違反したとして保障費用の請求になることがあります。

居住年数にもよりますが長いと意外と大目に見てくれることもあり大家さんやや管理会社次第というところでしょうか、過ぎてしまったことは仕方ないのでもし引越などで退去することになったらゴミや残置物がないようにし水回りと床の清掃ぐらいはできるだけやるべきだと思います。
 

部屋の印象を決めるのは水回り

賃貸住宅を退去する引渡しの際に印象を決めるのは、水回りのキレイさです。
居住年数にもよりますが、壁などがなんとなく煤けたりホコリがあったりは想定内であまりどうこう言われません。

ですが、パッと見たときに水回りが汚いと粗さがしをするが如く細かなチェックを受けるハメになる可能性があります。

もちろん居住していればそれなりに劣化もしますし、汚れもしますがが想定以上に汚れてると人間心理として印象が悪くなるのは当然のことです。

ですから、あまりに汚い場合は最低限普通に使ってたレベルぐらいまではキレイにしておきたいところです。